日々Derailment

技術的なことの備忘録。脱線事故が起きまくってるので、なるべくrails wayを守れるよう頑張ります。

ないならつくればいいじゃない

ys3128.hatenadiary.jp

とりあえず漠然と思ったことを↑で書き連ねてみた。

が、ちゃんと達成するために何をするのかを考える必要がある。
そして達成するためには、ゴールを定義する必要がある。
自分にとっての理想の職場とはなんなのか。

求められている役割

事業が起動に乗るまでは全員でひたすら全力疾走をする。
それがベンチャー企業だと思っている。
特にうちは少人数なので誰かにもたれかかった瞬間に共倒れである。
(全力失踪なんてもってのほかである。)

これは社長にも同じことが言える。
社長は経営という一番面倒な役割を担ってくれているわけだから甘えてはならない。
各々の役割を全うしないとベンチャーはこの先生きのこれないだろう。
そして、僕の役割はおそらくCTO的なものが期待されていると思う。
というか勝手にそう思っている笑

CTOとはなんなのか

Chief Technology Officer。
「エンジニア目線をもった経営者」ということだろう。
「経営者目線のエンジニア」ではなく。

唐突な告白をすると、個人的に現DMMのCTO、松本勇気さんのファンである。
未経験でCTOもやったりしているわけなので、経験が1年半しかないとかは言い訳にならない。
1歳しか違わないのにここまでの差があることは非常に悔しい。
そして、CTO論に関しては松本さんの下記の記事は非常に参考になった。
careerhack.en-japan.com

tech.gunosy.io
僕は基本的にコーディングが好きだ。
集中しだすといくらでも書いていられると思う。
どっちかというと職人気質だと思うし、ミクロな視点で一点集中のほうが得意だ。
だがしかし、経営者はより広い視野、マクロな視点が求められる。真逆。この視点を上げることがすごく難しい。

ただ苦手なことは訓練するしかない。
日々、費用・スピードなどを含めたトータルコストを考えて、会社の成長のためのベストな手段かを自問しながらあらゆる選択をしていくしかないだろう。
たぶんそのうち慣れると思う。

自分のやりたいこと

やっぱり、世の中を豊かにするプロダクトを作りたい。
と同時に僕がしてもらったように、未経験の人でも常に何かにチャレンジできて、エンジニアの誰しもがここで働きたいという場を作りたい。

大層で、大変な事だとは思う。そう簡単ではないだろう。
いまの状況に辟易することもあった。
が、改めて考えると、創業時期、しかもエンジニアが僕1人しかいないからこそのエキセントリックな経験がたくさんある。
いまはそれを楽しんでみようと、1周回ってそう思っている。

10年かかることを半年でやれ

これは社長によく言われる言葉だ。

まぁ、普通にやってこれが達成できるわけがない。 徹底的に効率よく、ありとあらゆる知恵を絞っていかないといけない。

現状、大きく分けて課題は2つある。

通常の開発の現場とは?
f:id:ys3128:20190309135353p:plain

たぶんいまの開発環境はくっそ効率悪い。
どのぐらい効率悪いか、っていうと手動でログファイルからエラー拾ったりしてるぐらいである。
効率が悪いのは悪だ。
効率が悪いと作業に追われて、自分のレベルアップする時間が取れないという悪循環を生む。
通常の開発現場はどのようなツールを用いて、どのような仕組みで回しているのか。
もっと外に出て、他の環境を知らないといけない。

かのシェイクスピアもこういっている。
何もしなかったら、何も起こらない。
つまり、そういうことさ。

圧倒的コミュ力(悪い意味で)

せっかく勉強会とかいっても、懇親会では基本、コミュ障ぶりをフルに発揮している。
たぶん、もうじき寿司おじさんの実績を解除できると思う。

これじゃダメだと思いつつ、話しかけてみる事はあるけど、必要以上に明るく振舞ってしまうケースが多い。攻撃は最大の防御、というやつ。
基本的に心の距離と反比例してコミュ障ぶりは増していくので、お近づきになってくるにつれて、たぶん全然喋らなくなってくと思う笑

がしかし、さすがにもう、そうは言ってられないなーと思う。
コミュ障脱却のために目下トレーニング中。

理想の職場=

・会社の価値を最大化するエンジニアリング組織である。
・エンジニアの誰もが働きたいと思える場所になる。
この二つが絶対条件。

で、そのために解消する現状の課題としては
・開発現場を効率よく回す仕組みを作る
・脱コミュ障
まずこの二点に着手してみる。

具体的には必ず月に4回(週一ペース)は、勉強会などに参加して、先輩エンジニア方とコミュニケーションを取る、他の会社の開発現場をヒアリングしていくこと、としている。

一応これ、2月末には決めて動き出していたけど、遅筆なので色々と書きたいこと整理してたら遅くなってしまった。
3月前半はけっこう色んな勉強会参加したり、DM送ったりとか色々アクションを起こしてみたんで、どんな勉強会に参加したとか、自分の振り返りのためにそういうのも忘れないように書き留めていこうと思う。

俺たち(1人)の戦いはこれからだ。